だるま

| コメント(2)

ある若い夫婦が香港に旅行に行ったときのことだ。
二人は知らず知らずのうちに香港でもかなり治安の悪い地帯に紛れ込んでいたのだが、その中で一軒のブティックを見つける。
妻はそこである服がとても気に入り、それをもって試着室の中へ入っていった。
ところが、それっきりいつまでたっても彼女は出てこない。
あまりに彼女が遅いので夫は様子を見に行ったのだが、なぜか試着室はもぬけの空。
驚いて店員に妻の事を聞いてみたのだが、店員たちはまるで口裏を合わせたかのようにそんな人は見ていない、そんな人はやってきていないと言い張るのみで、まるで相手にならない。
そこで彼は現地の警察に要請して妻を捜してもらうことにしたのだが、何一つ手がかりを見つけることができなかった。
その後もしばらくのあいだ彼は自力で妻を捜しつづけたのだが、いつまでも香港に留まりつづけるわけにもいかない。
やむを得ず彼は妻を見つけることができないまま帰国した。

それから1年がたった。
彼は長い休みを取ると再び香港に戻ってきた。
もちろん妻を探し出すためだ。
彼は妻の写真を手に香港中を歩いて回ったのだが、今回もまた妻に結びつくような手がかりは何一つ得られない。
やがて休みも残り少なくなり、心身ともに疲れきって帰国も考え始めたある日のこと、彼は一軒の見世物小屋の前を通りかかった。
小屋に掲げられた看板には「日本達磨(だるま)」と書かれている。
彼は見世物などには感心はなかったのだが、疲れ果てていたのでちょっと気晴らしがしたかったのと、看板に書かれた「日本」の文字に興味を引かれてふらりと中へ入っていった。
しかし、小屋に入った彼はそこに晒されていたものからすぐに目をそむけ、ここに入ったことをひどく後悔することになる。
その小屋の中の舞台の上で、手足を切断された全裸の女性が見世物にされていたのだ。
その女性は舌を抜かれているらしく、声にならないうめき声をあげつづけている。
余りに陰鬱なその見世物に気分を悪くした彼はすぐにその場を立ち去ろうとしたのだが、何か心に引っかかるものを感じその女性の顔を改めてよく見てみた。
その女性は、失踪した彼の妻であった。

その後、彼は現地のマフィアに話をつけて大金と引き換えに妻の身柄を受け取ることができた。
しかし無理もないことだが、可哀想な彼の妻はすでに発狂していたという。
彼女は現在も国内のとある病院の中で生存している。
声にならないうめき声をあげつづけながら・・・

真相

舞台は、中国、香港、マカオ・・・などが多い。ローマで消えてスペインで発見されるというものもある。フランスで「オルレアンの噂」というのが発端だともいわれる。
「ブティックの試着室」というのは世界でもうわさがたくさんある。警察まで介入したケースもあるそうだが、実際の事件として表立ったことはない。漫画の「シティハンター」でもこれに着想を得たエピソードが存在するほどだ。
試着室の床に穴が開いて、下で捕獲されたあり、鏡の裏側に連れ込まれたりする。
誘拐さ荒れた後は、この「だるま」のような場合と、売春婦として働かされる場合とがある。

じゃあ、四肢をなくした人が見世物小屋で働くのも嘘なんだな、と思いたいところだが、残念ながらこちらは事実である。ただ、無理やり切断されたものではなく、何かしらの原因で四肢欠損(もしくは大きなハンデ)した人が、金を稼ぐために自ら働いているケースだ。日本でも戦前にこういった見世物小屋は存在した。世界を見渡しても大きなハンデを持った人が見世物行脚してて生きていくという場合も多く存在する。

中国の歴史上、気に入らない(自分の存在を脅かす)者の四肢を切り落とす、などという逸話も存在しており、そんな数々の事象が合わさってできた都市伝説といえよう。ただし、外国での試着室は日本ほど安全ではないので、自身や身の回りのものなど十分に注意をしてほしい。

コメント(2)

可哀想すぎる…。